病院へ

2022年2月25日

2017/11/05
病院に行きました。

いつもは、混んでいない個人病院ですが、今日は朝からいっぱいでした。受付で聞いてみるとインフルエンザワクチン接種の予約者でいっぱいだったのです。私は実際に患者なのですが、ほとんどの人は健常者です。

私はと言うと、先日より鼻先が痛くて、そこから左顔半分に痛みが増してき、熱が出てきました。それで診察に来ました。

かなり待ったのですが、診察はあっという間で抗生剤を処方されただけです。その薬を飲めばすぐよくなると言う事でした。

ほとんどのワクチン接種の人はマスクをしておりました。していない私は不安になってきました。

一人だけこんこんと咳をしている人がいましたが、その人はマスクをしてないんです。思わず私も外へマスクを買いに行きました。

予防する為、病院に来たのに、風邪をうつされたら大変ですよね。

風邪がうつされると解ってい入れば予防するのは当然です。
また、病気だと分かれば病院に行くことが必要です。
(病院嫌いで少しくらいでは行かない人も多いそうです。)
しかし、誰でも命に関わる事だと知れば何としても病院に行くと思います。

それ以上に、死後、神の裁きがあり天国地獄があると分かっているなら、誰でもその準備をしないでしょうか、その事を伝えてくださったのがイエスキリストです。我々の罪の代わりに、十字架に架かってくださった彼を信じる人は裁かれません。約束して下さる神はけして失望を与えません。あなたに希望の道を、天国の道を示してくださってます。その道を見つける人は幸いです。

健康な人は医者を必要としません、しかし、自分が病気だと思っている人は病院に行って治してもらいます。また病気を予防したい人がいれば医者に教えを請います。

それと同じように自分が罪人だと分かった時、赦してもらえる神様のもとに行く人は幸いです。罪を犯さないようにするために自分を変えようとする人も幸いです。

神様は心の中の病を癒してくださる偉大な医者でありカウンセラーです。

よつばキリスト教会はそのお方の窓口になっております。命の道を、希望の道を、幸せを得るためにどうぞお越しください!

画像はプライバシーの観点から掲載いたしません。